tell/say/speak/talk

tukue【豆知識】

speakは、「何を、だれに」話しているかはともかく「言葉を(一方的に)発する」ときに使うことがあります。また「言語」として使われます。
 I don't speak English very well.英語を話すのはあまりうまくありません。

talkは「相手と話し合う、意見を述べ合う」のように「相手」が必要となります。
 She is waiting to talk to you.彼女はあなたと話をしようと待っている。

tellは「伝える」という感じで、内容に重点が置かれています。
 He told me the news.彼はニュースを教えてくれた。
 Will you tell me the way to the station?駅へ行く道を教えてくれませんか。

say言葉自体に重点を置いた言い方。
 He said,"Yes."彼は「はい」と言った。
 Mother said to us,"Wash the dishes."母は私たちに「お皿を洗いなさい」と言った。