新型コロナウイルス感染症への対応について(2020.6.12時点)

新型コロナウイルス感染症への対応について(2020.6.12時点)

【感染予防対策】
①生徒・スタッフともに、自宅での「検温」と校舎への入退館時の「アルコール消毒」を徹底します。
②非接触式赤外線温度計により、体温が高めの生徒・スタッフを入館時にチェックします。
③手すり・ドアノブ・机、予備校PCのキーボード・マウス、窓口等の消毒等を徹底します。
④スタッフ・生徒全員、必ず「マスク着用」をするよう指導します。
⑤換気をこまめに行い、室温管理・湿度管理を行います。
⑥個別指導の際、生徒と講師の間に仕切りを設け、飛沫感染を防いでいます。
⑦予備校生に関しては「自宅受講システム」がありますので、自宅受講を勧めます。
⑧団体クラスは生徒間の距離を空けて着席させて授業を行います。
⑨受付窓口にビニールの仕切りを設け飛沫感染を防ぎます。

今後、感染拡大により周囲の状況が変化し、行政の指示があった場合、完全休校を含む拡大予防に必要な措置をとることがありますので、あらかじめご了承ください。

【ご家庭へのお願い】

以下の点のご配慮をお願い致します。
■うがい・手洗い、手指消毒をしっかり行いましょう。
■咳エチケットに気をつけ、マスクを着用してください。ティッシュも各自用意しましょう。
■体調不良(体温が37℃以上など)のときは通塾は控えてください。
■こまめに換気を行いますので、防寒対策をし、薄着で来ないようにしましょう。
■不要不急の外出は避けましょう。
■学年に応じた学習時間を設け規則正しい生活を送りましょう。
■免疫力を落とさない生活を心掛け、食事・睡眠等、しっかりとり、体調管理に努めましょう。
■発熱等の症状がみられる場合、行政が定める指針にそって行動し、速やかにご連絡ください。