ゴトウ 学習塾 東進 予備校 ブログ ■■■ゴトウ学習塾WEBサイトはこちら■■■

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「最小」と「最少」

 「最小」は最も小さいこと。「最少」は最も少ないこと。
 では、「さいしょうげんの人数」という場合はどちらの「さいしょう」でしょうか?
 正解は「最小限の人数」です。「最少限」という言葉はありませんし、「最小限」の反対の意味の「最大限」を考えれば、「大小」の関係から「小」を使うことに気づきます。
 このように漢字に迷ったら反対の意味を考えることで判断できる場合もあります。

| 豆知識 | 00:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語のほうが覚えやすい?

「エキシビジョンマッチのシュミレーションで相手とコミニュケーションをとる」
 言いにくいためでしょうか、ときどき作文などでこのような間違いが見られます。英語で書けば分かりますが、それぞれ正しくはexhibition「エキシビション」、simulation「シミュレーション」、communication「コミュニケーション」です。

| 豆知識 | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

参勤交代は「交替」じゃなくて良かった?

 「交代」と「交替」の間には、次のような使い分けがあるようです。

交代は「世代交代」のように、その役目などが一回限りの場合
交替は「昼夜の勤務交替」のように、その役目などが繰り返される場合

 ただし、この使い分けは絶対的なものではないそうです。
 例えば、江戸時代の大名が江戸と領地の間を1年ごとに行き来した「参勤交代」の場合は、繰り返される例ですが、伝統的に「交代」を用いています。各藩の大名にとって国もとと江戸の間を往来する費用の負担が大きく、経済力を弱める原因となった参勤交代は、「1回でも大変なので2度と順番が回ってきませんように」と言ったところでしょうか。

| 豆知識 | 01:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

左利きはサウスポー(南の手)

 英語で左(右)利きは、left(right) handed、あるいはleft(right) handerなどと表現をする。ところが、左利きの野球選手やボクサーに対してはサウスポーという表現をすることが多い。
 英語でサウス(south)は南、ポー(paw)は手を意味する。野球場は一般に、午後の日差しがバッターの目に入りバッティングの邪魔をしないよう、バッターが打席に立つと東方向を向くように設計されている。これに対するピッチャーは西方向に向かって立つため、ピッチャーの左手が南側になることから、左投手はサウスポーと呼ばれるようになったという説が一般的である。
 また、アメリカ南部出身のピッチャーに左腕投手が多かったためサウスポーと呼ばれだしたという説もある。
 中3理科の天体の単元で西と東の区別があいまいな生徒がいました。これで区別できましたか?(ますますややこしくなった?)

| 豆知識 | 12:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「温かい」と「暖かい」

「温かい」は(温度が)冷たくなくて気持ちがよいこと。⇔「冷たい」
例:温かい料理・温かい家庭・温かい歓迎・温かい気持ち・温かいもてなし
「暖かい」は寒くなくて気持ちがよいこと。⇔「寒い」
例:暖かい冬・暖かい地方・暖かい日
 これらの区別も反対の意味を考えると区別しやすいと思います。「あたたかい料理」の場合、反対の意味は「冷たい料理」で、「寒い料理」とは言いません。つまり「暖かい料理」とは言わないということです。
 ただし、辞書によって「温かい」と「暖かい」の区別があいまいなものもあります。テストではどうすればいいの?と思うかもしれませんが、区別があいまいということはどちらも不正解にできないということですから、どちらでも良いということになるでしょう。ただし、あいまいな問題は採点する方も困りますので、出題されない可能性が高いかもしれませんね。

| 豆知識 | 11:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT