高1・2生 第Ⅲ期考査対策授業

高1・2生 第Ⅲ期考査の対策授業は以下の通りです。

11月20日(水) 4:30~5:50 気高2年英語表現Ⅱ
11月21日(木) 4:30~5:50 気高1年数学A
11月25日(月) 1:30~2:50 気高2年数学B
11月25日(月) 3:00~4:20 気高1年コミュニケーション英語Ⅰ
11月26日(火) 1:30~2:50 気高2年数学Ⅱ
11月26日(火) 3:00~4:20 気高2年コミュニケーション英語Ⅱ
11月26日(火) 3:00~4:20 気高1年数学Ⅰ

中3生対象 新みやぎ模試(12月)

12月8日(日)

集合 午後2:00                
準備 3:00~3:10 
国語 3:10~4:00 
数学 4:10~5:00   
社会 5:10~5:50  
英語 6:20~7:10  
理科 7:20~8:00 


※塾生以外の一般の方も受験できます。
※申込み〆切は11月29日です。

割引制度について

 当塾では、以下の割引制度を導入しております。

【長期通塾割引】
 連続通塾期間5年度目から授業料・講習料を1割引とさせて頂きます。長く通塾して頂いた方が有利になる制度です。
 例)小5の12月から通塾した場合、小5のうちは1年度目、小6は2年度目、中1は3年度目、中2で4年度目、中3で5年度目に入るので、中3の4月から1割引開始。その後退塾するまで割引が適用になります。
 例)3月末から通塾し、その年度が数日間だけでも1年度目としてカウントされますので4月になれば2年度目として扱われます。
 ※半年以上の休塾期間があった場合、連続通塾期間はリセットされますのでご注意ください
 
【家族割引(兄弟で通塾)】
ご兄弟で同時期に通塾する場合、2人とも授業料が1割引となります
 ※3人以上ご兄弟が通塾する場合、通常の授業料が1番高いお子様の授業料が半額、他のご兄弟は1割引となります。
 ※半額対象で長期通塾割引も対象になる場合は、合わせて6割引となります。

【家族割引(保護者様が元塾生)】
保護者の方が元塾生の場合、1人目から授業料1割引を適用させて頂きます
※ご両親とも元塾生の場合は2割引になります。

割引例はこちらです。

自習室について

jisyusitu
当塾には自習室があり、塾生、予備校生は自由に利用することができます。
塾生でなくても「自習室会員」になれば、自習室を利用(有料)できます。
 ※塾生・予備校生は無料で利用できます。              
 詳細はこちら

点をつけるか、つけないか

tukue【豆知識】

漢字のテストでよく見かける問題 ⇒ 「センモン家」のカタカナを漢字に直しなさい。

「専門」が正解ですが、「専」の右うえに点をつけて「博」のようにしてしまうミスが良く見られます。
単純に漢字の書き取り練習をしただけでは、「専」は点をつけない、「博」は点をつける、と1つ1つ覚えるしかありませんが、仕組みを覚えれば、他の漢字の区別もできます。

例えば、「専・恵・穂」は点をつけない ⇒これらはのもとになる字は「專」
    「縛・薄・簿」は点をつける  ⇒これらはのもとになる字は「甫+寸」

専門(センモン)の「専(セン)」、恩恵(オンケイ)の「恵(ケイ)」、麦穂(バクスイ)の「穂(スイ)」
束縛(ソクバク)の「縛(バク)」、薄情(ハクジョウ)の「薄(ハク)」、名簿の「簿(ボ)」


「音読みが ハ行・バ行 のものは点がつく」と覚えましょう!!
※「穂(ほ)」はハ行ですが、「ほ」は訓読みです。音読みは「スイ」なので点はつきません。

ついでに、「甫」のつく字「逮捕(タイホ)、補充(ホジュウ)、舗装(ホソウ)」の「捕、補、舗」もハ行です

バングラデシュ と ベンガル湾

tukue【豆知識】

 インドの東方に、インドとベンガル湾に囲まれた国「バングラデシュ」があります。バングラデシュは英国領から分離してパキスタン領となり、その後バングラデシュ人民共和国として独立しました。
 「Banglaバングラ」と「Bengalベンガル」は似ていますね。それもそのはず「バングラデシュ」は現地の言葉で「ベンガル人の国」を表します。これで地図上のバングラデシュの位置、そしてベンガル湾の位置が覚えやすくなったのではないでしょうか。もちろんインドの場所を知っていることが前提ですが…

 

tell/say/speak/talk

tukue【豆知識】

speakは、「何を、だれに」話しているかはともかく「言葉を(一方的に)発する」ときに使うことがあります。また「言語」として使われます。
 I don't speak English very well.英語を話すのはあまりうまくありません。

talkは「相手と話し合う、意見を述べ合う」のように「相手」が必要となります。
 She is waiting to talk to you.彼女はあなたと話をしようと待っている。

tellは「伝える」という感じで、内容に重点が置かれています。
 He told me the news.彼はニュースを教えてくれた。
 Will you tell me the way to the station?駅へ行く道を教えてくれませんか。

say言葉自体に重点を置いた言い方。
 He said,"Yes."彼は「はい」と言った。
 Mother said to us,"Wash the dishes."母は私たちに「お皿を洗いなさい」と言った。